Ajax-loader
お待ちください...

言語

プロイェクト・ムーゼ ― 序章

正確さの確認が必要

文法の確認が必要

1ページ目
プロイェクト ムーゼ(注:弾痕部分に「ロ」、楽譜の左端に「ム」がきます。翻訳しない、または訳をルビで記す選択肢もあるでしょう。)

原作:Darold Higa(注:音写をするなら「ダロルド・ヒガ」です。)
作画:Lone Wolf(注:音写をするなら「ローン・ウルフ」です。)

2ページ目
欄外
序章:
ベルリン シュヴァルツェンベルク音楽学校 コンサートホール 1939年9月23日

上のコマ
今宵はブラームスのイ短調の主題による変奏曲で。

下のコマ
音楽がホールに満ちていく。ヴィルヘルミナは舞台演奏が好きではないが、今夜は特別。彼女が設立した音楽学校はまだ2年目、そして今夜は全学の就任独奏会。学生たちがこの会の開催を頼み、だからこそ彼女は同意した。

3ページ目
上のコマ
演奏をすると、彼女は観客が…

…自分自身さえも見えなくなる。音楽は彼女の内から指先へ、ピアノへと流れていく。別世界に入り、風のように軽くなって、リズムとメロディーの渦の広がりに乗って飛んでいく。

4ページ目
上のコマ
静けさと平和は突如砕け散った。

右下のコマ 上
刹那、暗闇に墜ちていくように感じた。指は重く、氷のように冷たくなった。観客の中から悲鳴が上がった時には、音楽はつかえていた。

右下のコマ 下
「あの瞬間…父の死が解ったわ…」

左下のコマ
ベルリンは燃えていた。

コメント

まだコメントはありません

Indicator

チェック範囲

この翻訳は第1章として掲載されたマンガのうち、「序章」に相当する1~4ページ目の部分です。全文の確認をお願いします。なお、この翻訳では(スペースを考えて)意図的に文字数を削っています。

翻訳家
Thumb68
ELIZA
ランク Training
翻訳元の言語 English
翻訳後の言語 Japanese
ヘルプ
一覧