Ajax-loader
お待ちください...

言語

北の土竜 北の土竜4巻

北の土竜 Icon

北の土竜4巻

北の土竜 北の土竜4巻 石川サブロウ

第4巻・流氷に立つ大雪展の会員で中堅画家の保坂に誘われて、釧路へと旅立った堂本。鶴を見るために釧路湿原へ向かう。途中に出会ったカメラマン2人も同行する。
あわや遭難に遭うも老夫婦に助けられ、そこにはなんと鶴が舞い降りていた。
その鶴の舞う姿に圧倒される堂本。
そして、旅館で保坂の描いた鶴に改めて絵の世界に生きることの素晴らしさを感じる。さらに続く旅で雄大な流氷の前に、自分の行く道を見出すのだった。
その決意を両親へ伝えるために実家へと戻った彼の前に現れたのは嫁さん候補だった。そこに麦子も現れ…。

198 ページ

324 coin

作者

作者 > 翻訳者 > 写植
Thumb
石川サブロウ
country

コメント投稿

コメントするにはログインしてください。会員登録をしていない方は、こちらから会員登録をお願いします。

コメント

まだコメントはありません

このページへのリンク

Indicator

このページを共有する
作家情報

石川サブロウのマンガ

  • 本日も休診 石川サブロウ
    那須高原にある見川先生の診療所には2つの日本記録がある。一つは海抜千メートルという日本一高いところに診療所があること。もう...
  • 本日は休診 石川サブロウ
    15年ぶりに執筆された続編「本日は休診」が初の単行本収録!時がたち、父・鯛山亡き後、息子・鯛岳がついだ那須の診療所ではまた...
  • 晴れた空 石川サブロウ
    昭和20年8月15日終戦。しかし孤児たちは生きるために食べ、食べるために生き、その闘いに明け暮れていた。「戦国自衛隊」の半...
  • 北の土竜 石川サブロウ
    堂本繁は、札幌で印刷工をしながら絵の勉強をしていた。意気地がなく同僚の女性に失恋してしまったことから絵の世界へ踏み出すこと...
  • 佐賀のがばいばあちゃん-がばい- 石川サブロウ
    原作は400万部突破、映画化、ドラマ化!芸人・島田洋七が少年時代を過ごした佐賀での出来事を書いた大ヒット小説の漫画版!
  • 蒼き炎 石川サブロウ
    明治中期、ある村で二人の赤ん坊が生まれた。一人は地主の長男・川上龍太郎、もう一人は小作人の長男・大山竹蔵。ここに二つの蒼き...

石川サブロウのプロフィール

ホームページ-
所属団体-
活動拠点-
展示実績など-
製作環境・使用ツール-
好きな作家・作品 -
PR告知-
北の土竜さんのファン

ファンはいません

ファン登録